×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川村博士 視力アップ

サイトマップ

視力アップをどうするか?

視力アップは目が悪い人、みんなの願い。
目が見えないというのは、とても不便なことです。
道路標識が見えない。向こうから来る知り合いに気がつかない。
そしてなにより、風景全体がハッキリと見えない慢性的なストレスは耐え難いものです。

そのストレスから解放された爽快感は
メガネをはじめてかけた経験のある人なら、忘れられないはずです。
こんなにも、世界はハッキリしていたのか!
視力アップして、風景がハッキリ見えたならどんなに楽しい生活が送れることでしょう。




↓2週間で視力アップする方法はここをクリック↓

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"



視力アップをするには、メガネをかければいいのですが、
メガネはかさばる上に、視界が限られていたり、耳や鼻が痛くなったりと
デメリットも大きいです。

似合うかどうかというのも重要です。
メガネをかける本人が、メガネを気に入らなかったために
原因不明の頭痛に悩まされたという話もあります。




それなら視力アップのためにコンタクトレンズはどうかというと、
コンタクトレンズは、手間がかかって大変です。
レンズを洗ったり、管理したり。また、定期的にかかりつけの眼科に通院しなくてはいけません。

また、眼球に直接触れるものなので
眼球の病気にかかるリスクは、メガネ以上にあると言えるでしょう。
視力アップのために、病気のリスクを負うのは考えものです。




レーシック手術はどうでしょう。
レーシック手術は、評判を聞くと、見違えるように視力アップするそうです。
手術が済んでしまえば、コンタクトやメガネのように、道具を管理する手間もいりません。

しかし、レーシック手術には何十万円もの多額の資金が必要です。
また、手術失敗のリスクも、全くないわけではないようです。
手術の失敗というと、失明の可能性は格段に高いわけですから
視力アップのために多額のお金を払って、失明のリスクを負うとなると
よくよく検討しなければなりません。




メガネ、コンタクトは、視力アップの従来の方法として良いでしょう。
問題は、それ以外に良い方法はないかということです。

巷には、道具や手術を使わない視力アップの方法が、いくつか紹介されています。

眼球の運動(ストレッチ体操)

眼球を圧迫する方法

目の焦点を遠くから近くに移動させる方法(眼球の筋肉を鍛える)

ブルーベリーなどの食事、サプリメントの服用


こういったものなら、病気や失明などのリスクはなさそうです。
確かな効果があるのなら、やってみる価値は十分にあります。

しかし、あちこちにある民間療法は
どれも効果が定かでなく、ばらばらな知識の断片にすぎません。
しっかりとした裏付けをもって、視力アップ法をまとめて紹介してくれたら
とてもありがたいことだと思います。

実は、視力アップ法をまとめて紹介、指導してくれているのが
川村明弘博士が開発した視力アッププログラム「ジニアスeye」です。




↓ジニアスeyeの詳しい紹介ページはこちら↓

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"


どうでしょう?集中して取り組めば2週間で効果があらわれるようです。

何もしないでメガネ、コンタクトの生活を続けるよりも
行動をおこして、視力アップを試してみませんか?
体験者97%が視力アップを実感した実績を持つプログラムです。


失明のリスクを負った手術を試す前に
2週間=14日間だけ、ジニアスeyeで自然な視力アップを試してみませんか?
手術費用を考えたら、ジニアスeyeにかかる費用は事前調査費用くらいなものです。
(視力アップしたなら、手術費用はいらなくなりますしね)
角膜を削って、後戻りできなくなる前に、自分にチャンスを与えるのは悪いことではありません。

ジニアスeyeの申込はこちらのページから
川村博士の視力アップ法「ジニアスeye」はこちらから



「川村博士の視力アッププログラム「ジニアスeye」」について

川島博士の提案!メガネ、コンタクト、レーシック、そしてジニアスeye、視力アップの方法を考えます

サプリ